Ca Dechire
メニュー 閉じる

STYLISH, ELEGANT & NEAT = "OVERSIZED"

自分らしくを活かす服、オーバーザイズ



・みんなの個性のでる服って何だろう?

・流行に流されない、長い間着れる服って何だろう?

・同じ人が、体型が変わっても、シルエットが変わっても、
自分らしさが出せてる服って何だろう?




平均の人も、小さい人も、大きい人も
みんなが着れて、みんな違う個性を出せる、
そんな服があります。

それが、「オーバーサイズ」です。

よく勘違いをされてしまいますが、
オーバーサイズと言っても、
「大きい人専用の服」ではありません。


普通の人が着ると身幅が大きく、
ドレープが生まれ、ゆったりした着心地になり、
ベルトやサロペットなどの小物も使えば変幻自在です。
逆に、大きい人が着るとちょうどいいサイジングで楽しめる。

つまり、『だれでも着れる服』なんです。




このオーバーサイズの服も、、、


体を鍛えている方、もしくは、最近お腹が出てきた方も!


平均的な男の方でも!


ユニセックスなら女の方でも!みんな着れちゃいます。

しかも、

・カップルや夫婦など、両方1着で全然違うコーディネートで着回せる。

・一人の人が、体型が変わっても、同じ物を普通に着られる。

・ユニセックスも多いから、究極、性別が変わっても着られる。

・そしてファブリックや生地にも強くこだわるから、
何年経っても、長く着られる。

それが、オーバーサイズです。

そして当店「サ・デシール」は、
私「ムッシュD」が直接ヨーロッパに行き、
お洒落でモード系なオーバーサイズ中心の服を仕入れ
取り扱っているECセレクトショップです。




GET OVERSIZED.

服も、人生も、オーバーサイズであれ。



みんなが着れるようにと、
ベーシックな形を変化させたオーバーサイズは、
新しい個性を象徴するフォルムといっていいでしょう。

現代のお洒落な人は、
「ゆったりとした着心地、と、流行の最先端、の両方欲しい!」
という流れになりつつあります。

その証拠にヨーロッパでは、
ゆるりとコーディネイトされた風になびく服、
おもしろいサイジングができる服など、
たくさん出始めています。

モードでスタイリッシュはもちろんのこと、
毎日着て欲しいから、長い間着ていて欲しいから、
かなり生地やファブリックにもこだわっています。

是非、一度ご覧になってくださいませ。


Ça Déchire店長「ムッシュD」より

ショップ名 Ça Déchire
お問い合わせ お問い合わせはこちら
お問い合わせ対応時間 Weekday AM 10:00 〜 PM 20:00
Facebook https://www.facebook.com/Ça-Déchire-オーバーサイズ服専門ショップ-通販-328745884261791/
Instagram https://www.instagram.com/ohlala_cadechire/
Twitter https://twitter.com/DechireCa
Pinterst https://www.pinterest.jp/2332fb28071c72b7bbd66124e4d590
ブログ https://note.mu/cadechire





How we end up to open our shop“Ça Déchire”.

「サ・デシール」を開店するにあたっての経緯



私「ムッシュD」は、
フランスから日本にやってときに、思いました。

日本の市場での「大きいサイズの服(特にメンズ)」では、
選択肢が限られているな、と。
体の大きい人は、最低限のベーシックな服はあるが、
お洒落をしたりモードを楽しむ術が少ない、と。

普通のサイズの人も、体の大きな人も、
誰にでも「お洒落を楽しむ権利」はあります。

体が大きいコトは、
コンプレックスかも知れなかったり、
不便な事もあるでしょうが、
おしゃれな服を着ると、それは「個性」になります。

「体が大きい、のに、おしゃれ!」と逆にギャップになり、
立派な個性、立派な武器になります。

ファッションデザイナー、カール・ラガーフェルドは言いました。
「日本人はケーキやハンバーガーなどを食べるようになり、
ふくよかになり、がっしりするようになった。
日本人の装いは、必然的に変わっていくべきだ。
昔の日本人は小柄だったけど、
ジャンクフードから得られる美しさもある。」と。

これは、ものすごく正しいと思います。

ですが、日本では、
体を鍛えて大きくしている方しかり、
最近お腹が出てきた方しかり、
”体が大きい方は、まだマイノリティー”です。

日本の市場でマイノリティーになると、
選択肢が一気に狭まります。

でも30年前は、体の大きい方は30人に1人でしたが、
食文化もだんだん変化していて、
ここ最近では4〜5人に1人と増え続けています。
日本に住む大きいな外国人の方も、増えてきました。

もちろん日本には、体の大きな人用に、
アメリカのブランド、hiphopのブランド、低価格のブランドなど、
あるにはあります。

でも、
フランスやイギリスなどヨーロッパの洗練されたブランドや、
「大きさ」がよりファッション的にプラス要になるような
選び方をしてセレクトしたブランドなど、
「お洒落でモードな大きい服」は、なかなかありませんでした。


その時に、
「オーバーサイズ」という概念のブランドたちと出会いました。

みんなの体型を選ばない上に、お洒落。
一人の人が体型が変わっても、同じ物を普通に着られる。
しかも生地もしっかりとして毎日着れる。

これだ!と思い、
ヨーロッパのブランドを中心とした
みんなが着れるオーバーサイズECセレクトショップを開こう!
と、2018年8月に「サ・デシール」をオープンしました。